廃車に掛かる料金とは

廃車に必要な料金は主に解体費用と搬送費用です。自走できない場合、トラックやレッカーで運んでもらうことになるのでその料金が案外かかります。また必要書類を自分で作成する場合は紙代程度でほとんど費用は不要ですが業者に委任する場合はその分の手数料が別途必要になります。

業者が事故車を買取してくれる理由

車内

他の車を直す部品にする

事故車であっても壊れてしまった箇所以外がまだ使える場合、パーツとして切り出して他の車の修理部品に使われます。自走できないところまで壊れてしまっているものでもパーツ単位に切り出すと思いのほか使えるところが残っています。業者はそこに目を付けて自社で修理するときのパーツストックにしたり、ある程度の束でパーツをまとめて販売したりしています。

修理してから販売する

特に日本製の車は海外で人気が高く、海の向こうに目を向ければ買ってくれる市場がたくさんあります。修理して走れる状態にさえしてしまえば日本人ではなかなか買い手がつかない状態でも海外で販売できるケースが多々あるのです。修理費用と販売見込み金額とのバランスを見て利益が出ると踏めば業者はその車を欲しがります。

素材に戻して別のものとして販売する

車としてはどうしようもない場合でも鉄やアルミの素材として考えれば使える場合もあります。レアメタルも含まれているのできちんと解体して分別できればちょっとした鉱山扱いです。素材として出荷できる単位までまとまった台数分がほしいので業者も比較的簡単に買取価格を出してくれます。

廃車にする前に【事故車買取業者に相談するべし】

事故車

車を買取してもらう際の注意点

他よりも高額な査定額が付いた場合、特殊な条件がないかは確認しておきましょう。買取業者が車の販売も行っている場合、次の車を買うことを条件に下取りの扱いで高い査定額を出すケースもあります。逆に必要経費が差し引かれる前の金額だけを見せられ実際の手続きに入るとどんどん費用が掛かっていくのもよくある話です。価格だけにとらわれず買取を流れで捉えてトータルの金額に納得がいく買取業者を選んで依頼しましょう。

広告募集中