需要が高まるキャンピングカーを売ろう

宿泊先を気にせずにどこへでも行けるキャンピングカーは旅行が好きな人にとっては魅力的な車です。特別な設備も多いので新車で買おうとするとそれなりの価格がします。その分だけ中古販売の市場も充実しているのでいざキャンピングカーを手放すときも納得のいく査定額を出してくれることが多いです。需要次第で価格が変動することはありますが年間総じて売却しやすい車種でもあります。

キャンピングカーと一般車の違い

キッチンや水道の設備を積んでいる

普通の自動車にはまずありえない設備を積んでいるのがキャンピングカーです。車のメンテナンスとは別にこういった生活に必要な設備のメンテナンスまで必要なのは仕方がないところです。整備も含めて旅の醍醐味と思うくらいがちょうどいいでしょう。

税金と自動車保険の換算方法が異なる

調理やベッドの設備がついたキャンピングカーは8ナンバーの特殊用途自動車として認定を受けることができます。昔に比べて認定が厳しくなっていますが正規の手続きを踏めば問題はありません。特殊用途車両は税金面での優遇がありますが任意保険の金額は高額になる傾向が強いです。

車買い取り業者の選び方

高額の査定額だけに釣られて業者を選ばないように注意します。大変高額な手数料を取られたり、後からどんどん追加費用が出てきたりするといったトラブルを防ぐためにも査定時にかかる費用と車買い取り完了までの流れは明確にしてもらいましょう。

査定の流れ

車輪

要点だけで簡単に査定をしてみる

車種や走行距離など誰でもわかる情報だけでざっくりとした査定額を知ることができます。WEBで自動的に査定額を算出してくれるところも多くあるので何社か入力してみましょう。大体の査定額が気に入ったところにのみ詳細の査定を依頼すると無駄が省けます。

詳細の査定を依頼する

担当者が直に車を見ないと正式な査定額は決まりません。自分で自動車を持っていくケースと、出張で来てくれるケースがありますが複数社依頼するときは出張してもらう方が便利です。何社も回る手間が省け、ガソリン代も節約できます。業者側も出張査定は通常サービスの範囲として用意しているところが多いので気兼ねなく依頼して構いません。

買い取り価格を決定する

買い取り価格が決定したときは必ず根拠を確認しておきましょう。複数社で査定額が異なるときは見ているポイントと評価方法が異なるはずです。またどこまでの費用を差し引いた額かもきちんと確認します。手数料が先にひかれているかだけでも手元に残る金額は大きく変わります。

キャンピングカーの査定方法【査定のポイントを把握しよう】

車

査定額をアップさせるコツ

使っている時から丁寧に扱い、大事にすることはもちろんですが買い取ってもらうことを決めてからでも価格を挙げられるポイントがあります。それは需要のある時期と場所で売ることです。キャンピングカーであれば夏のバーベキューやキャンプに向けて春先から需要が高まります。宮城県ではキャンピングカーの販売イベントが開催されており、その前には比較のために中古キャンピングカーの販売価格をチェックする人が急増するはずです。新車と比べての販売価格を見ているため、いい状態のものであれば通常の中古の販売相場よりも高い価格で売れることがあります。その価格は買い取り価格にも反映されてくるでしょう。

バイク廃車を成功させよう♪

広告募集中